立ち位置が、

2017/12/17

おかしいのである。最寄の駅に俺が行く。毎朝毎朝バカの様に繰り返されている光景、繰り返される諸行無常、よみがえる性的衝動、である。階段下りた所にこっちゃをちょろちょろ観てくるいつものかわいらしいおねいさんがいて、わたしがそこを通過し、階段の遠めで立っている、という配置。のはずが今日はお休み。仕事、お休み?お疲れなのね、ってな感じでいつも通り壁の汚れを見ながらぼんやりしてると反対側の階段から分からないように俺の後ろを通過。フェイント。おおっ!?向こうもなかなかやるよね。キモがられてるのかな(常に被害妄想癖あり)?と思うも、それがそうならば反対側の階段から出ず(そこの階段を使うには、入り口から一番遠い改札を使用しなければいけない)、はるか遠くの階段を使えばいいとの事。むー、なんなんだろう。朝から勝手に疲れる毎日。被害妄想ではなしに、単なる妄想か。妄想だいすきで〜す。妄想癖。というかそこまでして避けるのもプライド的に逃げてる感じがして嫌なんだろうか。明日はバレないようにヘッドホンの音も出さずに定位置に立ってみようと思います。ヒマ人ゆーな。ヘン人ゆーな。