縁のあるものが、
身近に残ってゆきます
どんなに素晴らしくても、
役目を終えた縁は離れるもの
残るものこそが、
自分にとっての本物なのです

何十年も生きていると、
様々なもの、
様々な価値観に出会います
目を奪われるものもあれば、
異質で理解すら難しいものもある

素晴らしいもの全てを手元に置けるなら、
そうしたいですよね
でも人には限界がある
何でも手元に置くことはできないのです
居場所も同じで、
同時にいくつもの場所にいることは出来ません

手放していくことで、
自分というものがはっきりしてきます
これは自分も他人も同じこと
だから離れることは、
普通のことなのです

離れたからと言って、
それまでに築いたものが腐ってしまうわけではありません
輝いた時間は本物
それは自分の中に、
宝物として残るでしょう

未来を選び取るために
今の自分の求めを感じて、
離れることは必要なのです